ホーム » 正社員と派遣の能力は業界により変わる

正社員と派遣の能力は業界により変わる

新卒採用された新入社員は、雇用された段階から計画的な社内教育が行われるので、自然とスキルが身に付くことで知られている。
派遣社員に任せる仕事は、誰にでも出来る単純作業が中心となり、長く勤務しても仕事が出来るようになるわけではないからだ。
作業を行なうスピードが慣れに伴い早くなるだけである。
正社員として勤務を続けないと、いつまでもスキルアップに繋がらないという考え方がある。

しかし、IT業界では事情が真逆となり、派遣社員として働いている人のスキルが正社員を遥かに上回っている状況が生まれているのだ。
なぜなら、スキルアップを目的として最初から挑戦したい仕事を選んで就業しているので、出向先やプロジェクトが変わるごとに新しいスキルを身に付けるよう仕事内容を管理出来るからである。
下準備や資料作りを専門的に行なう人もいるが、実際に割り振られた仕事内容を事前に把握した上で働ける環境では、正社員よりも技術の習得機会が多く得られる特徴がある。

派遣社員として出向先へ配属される際には、スキル別に時給が決まるので、能力が高いまたは経験が多いほど高時給で採用されるわけだ。
プロジェクトごとに出向先を移動することも珍しく無くなったことから、上流工程の仕事を任されるようになった段階でフリーランスも視野に入って来るだろう。
技術力が問われる業界では、雇用形態よりも実際の仕事を行なう能力が重視される傾向が強く、積極的に動く人ほどスキルアップが早くなるわけだ。

2019年9月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント